トピックス

新型コロナウイルス感染症拡大による政府「緊急事態宣言」下での弊社工事対応について

お客様各位


新型コロナウイルス感染症拡大による政府「緊急事態宣言」下での弊社工事対応について

 緊急事態宣言が今日にも政府より発表されるという情勢の中、当社の工事対応の基本について以下を発表します。尚、本対応については政府・自治体・社会情勢などにより、内容は随時見直されるという事を念頭に置いて下さい。見直しの際は早急に周知します。

 今回の「緊急事態宣言」下での現場継続については、政府が取り組みをお願いしている「3つの密(密閉・密集・密接)」に大規模修繕工事は大きく当たらないと考えています。そこで、現在当社が表明している「新型コロナウイルス感染症への対策について(2020年3月10日発表)」に加えて、以下を実施しながら、工事を進めて参ります。

 尚、工事の種別が室内や密閉空間の場合はお客様や設計監理者様と協議の上、工事延期検討を致します。

 

【現在稼働中 大規模修繕工事現場の対応の基本】

 緊急事態宣言下においても、現在当社が表明している「新型コロナウイルス感染症への対策について(2020年3月10日発表)」以上の対応を実施しながら、工事は進めて行く事を基本とします。尚、以下休場対応についての概略です。

・お客様(管理組合様)より一時休場の打診があった場合はお客様(管理組合様)に従い、工事休場とします。

・設計監理者様より一時休場の打診があった場合はお客様(管理組合様)との協議の上、決定致します。

・緊急事態宣言下現場休場になった場合の追加金(足場リース代や諸経費など)の請求については今後、お客様との協議事項として、今後の話し合いとします。

・緊急事態宣言下現場休場となった場合の弊社としての防犯対策は予め決定し、お客様(管理組合様)及び設計監理者様へ対策案決定次第、周知させて頂きます。

・緊急事態宣言下現場休場になった場合、お客様(管理組合様)や設計監理者様との工事再開の方法なども予め協議させて頂きます。

 

【「緊急事態宣言」下の現場での「新型コロナウイルス感染症」対策について(追加版)】

 現在弊社が表明している「新型コロナウイルス感染症への対策について(2020年3月10日発表)」に加えて、以下を実施しながら、工事を進めていきます。

・当社現場代理人及び現場作業員は毎朝自宅で体温を測定し記録します。毎日の入場者名簿を作成し、体温を記載します。尚、37.5度以上あった場合は現場入場させない事を原則とします。

・朝礼・昼礼・安全協議会などで現場事務所や集会室などで実施する場合は換気を良くし、必ず、マスクの着用をします。尚、出来る限り外部で実施するなど、各現場で工夫します。

・現場代理人や作業員が触れる箇所(事務所扉・トイレ扉・倉庫扉・足場入口扉・館内入退場扉・EV内など)は最低退場時までにはアルコールなどで拭き取り清掃を励行します。

・現場代理人や作業員は特に私人の場合においても「3つの密」に当たる場所へ行かない。又、現在言われている夜間の飲食や会合は極力参加しません。

以上

2020年4月7日

ビケンテック株式会社 代表取締役 土谷健児